BOOKS

0 / 9

Middle Life Notes
Sean Lotman
誌名:Middle Life Notes
著者:Sean Lotman
装丁:本庄浩剛
頁数:66ページ
判型:H198㎜×W118㎜(束幅:約14㎜)
仕様:オフセット・リソグラフ/ツインリング製本
言語:英語/日本語
印刷:イニュニック/{NC}Kyoto
発行:NEUTRAL COLORS
価格:3200円+税
ISBN978-4-909932-01-3 C0472

「あれは潜在的な未来で、これが今の瞬間であり、それから決して生きられなかった人生がある」

本作品は「アメリカ人写真家ショーン・ロトマンによるフォトブックです。タグラインは「人生の中間地点」。小説家を夢見た少年は、いつしか写真に惹きつけられ、後に妻となる女性と世界中を旅し、京都に辿り着きました。暮らしながら、旅しながら、丁寧に切り取られた心象風景と、作家自身によるドローイングの文字列が、じわりと自分と重なり心を打ち抜きます。

A photobook based on the theme of “the middle ground of life”. A young boy who dreamed of becoming a novelist became fascinated with photography and traveled around the world with the woman who would later become his wife, before settling in Kyoto. While living and traveling, the artist’s carefully cut out mental landscapes and the strings of his own drawings gradually overlap he himself and strike a chord.

・オフセットで刷られたオリジナルプリント26枚
・リソグラフを使いゴールド色で刷られた俳句、詩
・彷徨える魂を綴じ込めたエッセイ
・333部限定/エディションナンバー入り

Sean Lotman●ショーン・ロトマン
1975年生まれ、ロサンゼルス育ち。2011年より京都を拠点に写真家、また作家として活動する。ロンドンの出版社〈Bemojake〉より初写真集『Sunlanders』を発売。アメリカ、デンマーク、イギリス、オーストラリア、台湾など、多くの国で注目される。2020年1月、ベルギー・アントワープの〈IBAHO gallery〉で本作品『Middle Life Notes』からの写真が展示される予定。

167-0032
東京都杉並区
天沼2-26-8 大塚ハウスA101
167-0032
#A101 OTSUKA-HOUSE AMANUMA
SUGINAMI-KU, TOKYO
Contact